Words & Sounds
Words & Sounds

NEI & Ryo Kobayakawa / Words For Stars

image

D.R.C.

二木信

7.5

 二十歳の、特に男性がマイクを握り、声を発し、ラップを始めようとしたとき、多くの場合、仲間、生い立ち、夢、また金や名声や力の獲得、あるいは肉欲について歌い出す。それはもちろん真っ当なことだ。ヒップホップは、欲望と深く結びついている。朝まで待てない、たったいま欲しいのだ、と。ありとあらゆる欲望がヒップホップを定義してきた。が、ここに、まず、「self control =自制」を曲名にして歌い出した弱冠二十歳のラッパーがいる。

Keep reading

EVISBEATS / ムスヒ

image

AMIDA STUDIO

二木信

8.0

 大量の情報やさまざまな主義・主張にあふれているいまの世の中で生きるのも楽じゃないわけだが、ノイズを“オトニカエル”ことができれば幸せに生きられる。きっとEVISBEATSはそんなことを考えてこの『ムスヒ』という、6年ぶり通算3枚目となるソロ・アルバムを作ったのではないか。ラッパー/ビートメイカーのLIBROがラップで参加した、その名も「オトニカエル」という曲で2人はふくよかなトラックに乗ってこうくり返す。

Keep reading

WAQWADOM / MQW

image

APOLLO-REC PRODUCTIONS

二木信

7.7

 WAQWADOMというヒップホップ・グループの『MQW』もまたフリースタイル文化から生まれたラップ作品と言えるだろう。2000年代初頭から中盤の頃のフリースタイルはいまのようにMCバトルに集約されなかった。もちろんその頃もアンダーグラウンドではMCバトルもサイファーも盛んだった。MCバトルが悪いわけでもない。いまもサイファーはある。だが、『MQW』が生まれた頃のフリースタイルにはいまと違う一つの大きな特徴があった。大いなる野望が根底にあった。

Keep reading

CHAPAH  / Ⅱ

image

VLUTENT RECORDS

原島宙芳

7.0

 VLUTENT RECORDSに所属するグループ、GAMEBOYSのCHAPAHが自身の誕生日前日、5/1に『Ⅱ』(ツウ)をフリーでリリースした。

 私、原島宙芳はPUNPEEとGAMEBOYSと仙人掌のバックDJをすることがあり、CHAPAHとは月に何度か酒を酌み交わす仲だ。身内みたいなものなので、アルバムというにはコンパクトで、EPというにはボリューミーでなんとも不思議な今作は、敢えてきつめに紹介させてもらう。

Keep reading

tofubeats / FANTASY CLUB

image

WARNER MUSIC JAPAN

荏開津広

8.8

 tofubeatsのアルバム『FANTASY CLUB』は、紛れもなく今年リリースされた最も優れたアルバムの1枚だ。21世紀の主流となった、ビートを中心に組み立てられたポップ・ミュージック、その日本でのありようとして欠点を探すのが難しい。そのうえでこのサイトでのレヴューゆえ、ヒップホップ特有の形式と美学を規範として聞いてみると、ヒップホップの“スタイル”との問題が表れてくる。それぞれのジャンルとtofubeatsの作る音楽との衝突がそこにはっきり響いている。

Keep reading

SALU / 県央厚木IC feat. だるま aka ₩ . ¥

 今年の10月にフリーダウンロードとアップルミュージックでの配信という形でリリースされたSALUのミックステープ『BIS3』から、「県央厚木IC feat. だるま aka ₩ . ¥」のMVが12月1日にアップされた。

 今年のSALUは凄かった。4thアルバム『INDIGO』に加え、フリーダウンロードシリーズ最新作『BIS 3』のリリース。

Keep reading

dodo / La sir. E

 dodoが帰って来た!dodo完全復活!って感じの名曲がアップされたのに、1ヶ月経ってもまだ再生回数2000回程度…、嘘でしょ?これはもっと多くの方に知ってもらわねば!聴いてもらわねば!ってことで「Pick Up」で取り上げます。dodoって誰?って方も、Black Fileでのサイファー「Black File Cypher 2013 rev3.11 VER.」、高校生ラップ選手権への出場、映画『TOKYO TRIBE』のオーディション動画、サイプレス上野とのビーフ、粗悪ビーツとの共作『FAKE』など、ここ数年の活動を並べると点で見えてたdodoが一直線に繋がったでしょうか?

Keep reading

I-DeA / SWEET HELL

image

VYBE MUSIC

宮本至

8.1

 “スティル=STILL”はヒップホップを愛する者にとっては避けて通れない言葉だろう。それは何らかのスタイルという様式に基づいて制作することを続ける限り、必ず立ちはだかる壁なのだ。

 例えばあるラッパーがそれまでのスタイルを捨てて名声を上げ、ヒットしたとする。それによって新しいリスナーとファンを獲得したとしても、新しいスタイルへの急激な移行が古くからのリスナーにとっては“セルアウト”と受け取られかねない。

Keep reading

PARKGOLF / REO

image

2.5D PRODUCTION

7.4

 〈Maltine Records〉や〈Day Tripper Records〉といった先鋭的なエレクトロニック・ミュージックを多数リリースしてきたレーベルから作品を発表してきた、北海道出身のビート・メイカー/コンポーザー、PARKGOLF。そんな彼のセカンド・アルバムだ。

Keep reading

GOODMOODGOKU / 24時間

 これはロマンチックでエロティックじゃないですか。GOKU GREENがGOODMOODGOKUと改名、ビートメイカーの荒井優作(ex.あらべぇ/彼はTHE OTOGIBANASHI'Sの実質的なデビュー曲「Pool」のビートを作ったことでも知られる)と組んで『色』という作品を完成させた。すでにiTunes, Apple music, Spotifyでは6曲入りで配信が開始され、8月30日には7曲入りのCD盤がリリースされる。フィジカル盤には、エクスクルーシヴやリミックスやインストが追加、歌詞カードなども付く。そしてこのトロトロの映像は、その作品に収録されている「24時間」のMVというわけだ。

Keep reading

YOUNG JUJU / juzzy 92'

image

P-VINE
PCD-28031

8.1

音楽は希望
Oh, you know? You know? You know?
「Worldpeace」

 tofubeatsや清水翔太へのフィーチャリング、G-SHOCKとのタイアップ曲。ソニーと契約するという話や、次のアルバムも期待されるなか、なんかもう昔話みたいな感覚もするけれど、いま一度KANDYTOWNのファースト・アルバムと並行して制作された『juzzy 92’』について書いてみたい。

Keep reading

Qiezi Mabo / Star Beach Love {OFFICIAL VISUAL}

 これは一体何でしょうか!? LowPassのメンバーであり、映像ディレクターとしてはOMSBやGOODMOODGOKU (ex. GOKU GREEN) のMVの制作などでも知られるGiorgio Givvnがサウンドをプロデュースした謎のラッパー(!)、Qiezi Mabo(チェズマボ)の新曲とMVがすごいです。

Keep reading

ISSUGI / 7INC TREE / V.A.

image

DOGEAR RECORDS
DERCD064

8.0

 「7INC TREE」はさまざまな客演陣やビートメイカーとともに、ISSUGIが12か月連続で7インチをリリースするというプロジェクトである。その制作工程は動画で随時レポートされるほか、最終的には一枚のCDとしてまとめられる。本作『7INC TREE / V.A.』は、その「7INC TREE」プロジェクトの到達点となるアルバムだ。

Keep reading

BudaBrose (BudaMunk & Fitz Ambrose) / BudaBrose 2

image

JAZZY SPORT

7.6

 国内はもとより海外のビート愛好家たちからも根強い支持のある2人のビート・メイカーによる2枚目の共作となる『BudaBrose 2』。1作目と同様すべての曲が2分程度、短いものは1分くらいの計25分ほどの作品のため、首を振っていたらアッという間に聴き終えてしまう作品なのであるが、本作は1作目のコンセプトを引き継ぎ、より“Strictness =厳格さ”を推し進めたものとなっている。

Keep reading

仙人掌 / VOICE

image

P-VINE / WDsounds / DOGEAR RECORDS
PCD-25211

8.3

金じゃ書けやしないぜ オリジナルの白書

「FACE OFF」

 街の中には決して数字にあらわすことのできないリズムや言葉や感情、最高にハッピーな出来事や最悪なトラブル、そしてライヴに足しげく通う音楽ファンや仲間、レコード屋やクラブやライヴハウスやショップの現場からの称賛やディスがある。

Keep reading